decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

納豆に含まれる大豆イソフラボンの効果

納豆は、価格が安くて栄養があるので、とても人気がある食品です。
納豆に含まれているポリアミンは、血管の炎症を防いで老化を抑えます。
タンパク質は、アミノ酸のバランスが良く、肥満防止効果も期待できます。
ビタミンKは、カルシウムと骨が結合する時に必要なビタミンで、丈夫な骨を作るために必要となります。
食物繊維は、腸を掃除してくれるので、便秘の解消にも役立ちます。
納豆に含まれる成分の中で、女性に注目されている成分が、大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは、ポリフェノールの一種で、抗酸化力が強く、エストロゲンに似た働きも持っています。
そのため、月経前症候群の様々な症状の緩和や、ホルモンバランスの乱れの改善も期待できます。
大豆イソフラボンは、骨からのカルシウムの流出を抑えるため、骨粗しょう症の改善にも役立ちます。
また、閉経により女性ホルモンの血中濃度が低下してしまった場合、女性ホルモンを補ってくれます。
納豆の様々な効果を得るには、毎日食べるのがポイントです。
毎日食べ続けることで、イソフラボンやポリアミンの濃度が上がるのです。
毎日食べることができない場合は、他の大豆製品と交替で食べてもいいです。
1日50g食べることで、整腸作用が見込めます。

loading
×