decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

エストロゲンによるむくみの症状とは

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、周期によって増減をします。
このホルモンの働きは、女性らしい丸みをおびた体を作る、卵胞の成熟、精子が子宮に入るのを助けるおりものの分泌を増加させる、妊娠しやすくするために子宮内膜を厚くさせる、自律神経や感情、脳の働きを整える、骨粗鬆症の予防や血管収縮を抑制する、基礎体温を下げるという働きをします。
生理後から排卵期がエストロゲンのピークで、この頃は精神的にも体調も良い時期とされています。
排卵後から徐々に減り始め、生理前になるとがくっと下がります。
この頃は、イライラや目眩、むくみやほてり、涙もろくなるという精神的にも体調もあまり優れない時期と言われています。
この症状が強く日常生活に支障が出るほどの事を生理前症候群といい、現代病となっております。
ホルモンの影響でむくみがおこるのは、一般的に排卵した後は黄体期といい、基礎体温が高温になります。
黄体期は、妊娠に備えて体内に栄養や水分を蓄えてしまう働きがあります。
血液量を増やして全身に血液が回るようにするためです。
その結果、余分な水分が体にしみ出てしまうのです。
これが、エストロゲンによっておこるむくみの正体です。

loading
×